Concept

「上手に会社を説明できれば、学生がエントリーしてくれる」
「流れるように商品説明ができれば、物やサービスが売れる」
「綺麗な話し方をすれば、好感が持たれて仕事につながる」

そんな間違った思い込みをしていませんか?

上手い説明は、実は聞いている相手はつまらないのです。
上手さは印象に残っても、話の内容は覚えていないのです。

ロジカルでは人の心はつかめません。

相手の心をつかみ、売れる話し方になる方法が「共感ストーリーメソッド」です。

いよいよAI時代の到来。
AI(人工知能)がヒトの仕事を奪うようになってきます。
AI時代を生き抜き、選ばれるためにはヒトの強み・共感を生かす話し方、共感ストーリーメソッドでぜひ、たった1社、たった1人に選ばれましょう。