学生に選ばれる会社説明・共感ストーリー®プレゼンテーション

研修の概要

研修の狙い

採用で応募者に会社について伝えるときに必要なのは「説明」ではありません。
会社概要にあるような説明・ロジカルだけでは新卒や中途採用希望者の心をつかむことはできません。大企業にはない中小企業の魅力やビジョン、ミッションなどを経営者自らが語ることが求められています。「この会社に入りたい!ぜひ一緒に仕事がしたい!」と共感される、そんな選ばれる企業になるための効果的なプレゼン手法を学び実践。さらに、ご希望により、継続コンサルティングで採用後のフォローアップで人材定着を図ります。

研修の進行内容

集団研修の場合は、座学のほか、ロールプレイなどの実践をし、理解を深めます。さらにワークショップとしてグループ・ディスカッションを取り入れ、他企業との情報交換のほか、自社の魅力や強みを客観的に知る機会を設けます。

入社したいと思わせる自社の共感ストーリー®作成の3つの要素

ストーリーを引き出す・ストーリーの原稿作成・ストーリーの伝え方

研修時間

1日コース(3時間~6時間)
2日コース(6時間×2回、3時間×2回)

適正人数

少人数~20名前後

研修の対象

  • 商工会議所や企業支援の団体様でセミナーや公開講座のご担当者様
  • 会社説明会参加者の応募率が低いとお悩みの採用担当者様
  • 何をどう伝えたら、会社に魅力を感じてもらえるのかお悩みの採用担当者様
  • 人前で話すのが苦手、上手く話せないとお悩みの採用担当者様

研修で期待される効果

  • 学生の志望度があがる会社説明会のあり方・魅せ方ががわかり、エントリーが増えます。
  • 自信をもって会社の魅力を話し伝えることができ、会社の印象アップがはかれ、エントリーが増えます。
  • 学生が何を求め、どこを見ているのかが明確になり、学生に積極的にアピールできるようになります。
  • 入社後のミスマッチを防ぎ、早期離職を未然に防ぎます。
  • 通常業務では感じることのできない自社の魅力を再発見し、社員の仕事の対するやりがいとモチベーションが向上します。

研修の内容

1 悪い会社説明から学ぶ学生の本音とは?
2 共感ストーリーSSメソッド
3 共感ストーリープレゼンテーション3つのコツ
4 入社したい!と思われる共感ストーリー5ステップ
5 自社の共感ストーリー・原稿5ステップ作成
6 共感ストーリープレゼンの実践・オリジナルフィードバックシートを使用
7 まとめ 課題の明確化、アクションプラン

企業研修へのお申込み