_alt

共感ストーリーSSメソッドとは?

アナウンサーの仕事は著名人をはじめ日々、多くの方にお会いする仕事です。
初対面の相手にたった1分で信頼され、円滑なコミュニケーションを行う方法を実践しています。
共感ストーリー(sympathy story)略してSSメソッドは、アナウンサーが日々実践している人に
共感され仕事につながる伝え方を3つのポイントで体系化したメソッドです。

STORY
  1. Contents 内容

    「プレゼンや営業、上司と部下との会話で、ただ事実を淡々と説明していませんか?」

    説明ってつまらないんです。ようは相手の印象に残らない。聞いている相手は「ああ、そうなんだね」と右から左へと受け流してしまうのです。
    さらにはコミュニケーションでは行き違いとなり、仕事でトラブルを起こしてしまうこともあります。

    説明ではなく、ストーリーで語ってください。そして「ストーリーで何を語るのか」という内容が重要です。

  2. Constitution 構成

    「プレゼンや営業トークが上手な人は、もともと才能がある人だと思っていませんか?」

    しゃべりのプロと言われるアナウンサーも、新人時代はしゃべりはお世辞にも上手とは言えません。人の心をつかみ、仕事につながる伝え方には実は「型」があるのです。
    新人アナウンサーもその型に沿って、話すことでプロのアナウンサーとして成長していきます。

    共感ストーリーSSメソッドの「型」に沿って話すことで、誰でもプロの伝え方を再現することができます。

  3. Delivery 伝え方

    「流暢に、上手く話せないと仕事につながらない、と思っていませんか?」

    しゃべりのプロアナウンサーが大切にしていること、それは流暢に上手く話すことはありません。
    伝える相手に対して、思いがあるかどうか?ただ一点「相手を思う気持ち」だけなのです。
    内容、原稿と素晴らしい型を作っても最後に伝え方がまずければ、意味がないものになってしまいます。
    相手を思えば、見た目の印象、声、話し方、ジェスチャーなど視覚聴覚に訴える伝え方が劇的に変わります。そんなアナウンサー直伝の伝え方を伝授します。

STORY

SSメソッドを実践すると、自社の世界観の発信と社員の多様性を活かし合う
組織を作ることができる伝え方ができるようになります。