_alt

代表取締役からの挨拶

代表取締役松下 公子

競争倍率1000倍以上と言われるアナウンサー試験。
選ばれる人というのはどんな人だと思いますか?
しゃべりな上手な人?
ビジュアルがいい人?
高学歴な人?
いえ、一番重要なことがあります。
それは「自分のストーリーが語れるかどうか?」

数字や実績を並べ立てて、こんなにもスゴイ自分なんです!を熱弁しても、人の心をは動きません。たった1人に選ばれるには、自分を知り、それを言語化してストーリーとして語る力が必要です。これは企業でも同じ。たった1社に選ばれるには、自社の共感ストーリーが語れるかどうかなのです。

このたび、独自ノウハウ「共感ストーリー SS メソッド」を体系化。企業教育プログラムとしてまとめました。
STORYは理念に「人々の輝くストーリーを引き出し、輝く未来を切り拓く」をかかげ、今後も企業のコミュニケーション、プレゼンテーションの課題解決をサポートしていきます。

STORY設立までのストーリー

アナウンサーになるのが夢!・・・ではなかった。

茨城県鹿嶋市出身。「いつかは東京で働くんだ」都会に憧れていた女の子は、見事、東京の女子大生になることができました。
勉強はほんの少しだけ。あとはバイトやサークル、今を楽しむ普通の大学生活を送っていました。そんな私は、実は最初からアナウンサーになりたかったわけではありません。

大学3年時に、当時お付合いしていた方に振られまして、、時間もお金もあまりにあまってしまった。何かしたいなと思っていたところに、大学の先輩がアナウンサーになったと友人から聞いたのです。
「うちの大学からもアナウンサーって内定するんだ・・」という驚きとともに、先輩が通っていたというアナウンススクールに興味がわきました。
「自分磨きをして私のことを振ったあの人を見返してやりたい!」そんな気持ちからアナウンススクールに申込みをしたのです。

「ではまず、自己紹介からお願いします」と講師の先生が声をかけました。
「はい!私の特技はスエーデン体操です」「私は石垣島出身島生まれ島育ちです。」と、生徒たちは次々と個性あふれる自己紹介を明るくハキハキと話しています。正直、面食らいました。

・・私以外の生徒は皆、完全にアナウンサーを目指していたのですね。 そんなやる気溢れる皆と一緒にアナウンスを学びながら、私もあれよあれよという間にアナウンサー受験をすることになりました。 でも、なぜ、アナウンサーになりたいのか?が頭が真っ白になって面接で語れない私。そりゃそうです。もともとは、自分磨きのためにアナウンススクールに入ったわけですから‥。 「私には無理だ。辞めよう」たった2カ月でアナウンサー受験を終了させることにしました。辞めるとなると行動が早かったです。 さっさと一般就職をはじめ 、即、コンタクトレンズの会社に内定しました。 アナウンサーには全く未練がなく、大学4年時は旅行にアルバイトと遊びまくりでした。 そんな私がまた、アナウンサー試験を受けることになるとは!

満たされない自分を大きく変えたのは

希望に満ち溢れ、コンタクトレンズの一般企業に入社しました。 しかし、慣れないパソコンでの企画書づくりや電話応対などの営業サポートで、ミスばかりの連続。
「本当にお前は使えないやつだな」 先輩に毎日のように怒られていました。そんなストレスを抱えながらも、本社勤務の私はお店勤務の同期と比べて待遇が良かったのです。
お給料もボーナスもいい。残業がなくて、18時にはさっと帰宅できる。さらに土日祝日がお休み。
こんなにも恵まれているのに何とも言えない満たされない思い。
結局、しゃべる仕事がしたいと1年もたたず会社を辞めました。土日は、結婚式やイベントMCのアルバイト、平日はコールセンターなど声を使う仕事を中心にアルバイトを3つ掛け持ちする多忙な生活でした。
そんなとき、1通の手紙が届きました。アナウンサーになった友人からです。
最後まで頑張ってアナウンサー試験を受けていて見事、夢を叶えた彼女です。手紙には「今度、全国放送にでるから良かったら、見てね!毎日、怒られてばかりで辛いけど、頑張っています」と書いてありました。 そうなんだと、手紙を読んだときは友人の言葉をただただ、受け止めていただけでした。
そして番組当日。「あ、〇〇ちゃんだ」
海辺で船に乗ってリポートする友人の姿に釘付け!キラキラ輝いていてとてもまぶしかったです。本当に本当に、素敵でした。

こんな素敵な子が私の友達なんだ!という誇らしい気持ち。
それと同時に、もう一つの気持ちがわき上がってきました。
「私もアナウンサー試験をもっと本気で受けていたとしたら、、
今頃私は、キラキラするあちら側にいたのだろうか?」

アナウンサーの仕事がしたい。
もっともっと、しゃべりの仕事がしたい。
ふつふつとわき上がってきた思い。
そしてもう、後悔はしたくないという思い。

これまでのモヤモヤがはれて、
しっかりとした自分の思いを感じました。
その後、社会人からリベンジしてもう一度試験を受けたのです。
そして内定した局は・・佐渡島にある佐渡ケーブルテレビ。
小さな島にあるケーブルテレビでした。
そんな島だなんて・・と周りは止めました。
でも、私の心は最初から決まっていたのです。
「アナウンサーって、どんな仕事!?一度やってみる!」
経験なくしてはじまらない。そして、もう後悔ばかりの人生とはさよならしたいと決めた私でした。

私の原点・佐渡ヶ島でのアナウンサー経験

佐渡ヶ島とは?人口は約56,000人(平成30年3月末)。四方を海で囲まれているZの形をした島です。金が取れた島としては佐渡金山が有名。近年では、朱鷺(トキ)でしょうか。
佐渡での生活は幸せでした。海あり山ありで自然豊か。とにかく、お米に魚介類、フルーツと食べ物がおいしい!
地元の方がとても親切で「縁もゆかりもない佐渡に来て寂しくない?」と声をかけてくれたり。地元のお祭りに誘ってもらって、会社の先輩たちと一緒に出掛けたり。島の人たちはすぐに仲良くなりました。
そしてなんといっても、やりたかったアナウンサーという仕事ができるということ。 日中は、佐渡を盛り上げようと尽力する人々の取り組みなどを取材。急いで帰ってきて、原稿を書く。
そして、自分で取材して書いた原稿を夕方のニュースで読む。取材して、書いて、読み伝えてと、なかなかの忙しさです。

それもケーブルテレビはアナウンサーがカメラの5キロの三脚を肩に担いで移動するんです。だから、外での取材はいつもジーパン姿。
女子アナって綺麗なワンピースを着るんじゃなかったんだ、とイメージが大きく崩れましたね。
憧れとはちょっと違っていたけれど、アナウンサーである日々の生活が日常であるということ。それが私の幸せでした。
そしてなってみてわかったことがあります。それは、アナウンサーの仕事は自分がしゃべる仕事ではないということ。人の思い、本音を引き出す仕事であるということです。
私たちの役割は、カメラが回っていて緊張している相手をリラックスさせ、本当の思いを引き出し、言葉にしてもらうということ。なんと魅力ある仕事なんだろうとアナウンサーになってから、アナウンサーという仕事の魅力に取りつかれていったのでした。
「アナウンサーという仕事を一生続けたい」
佐渡での生活が1年たった時、この思いが確信となりました。そのためにも地方民放局へのステップアップ転職を目指し、再受験を始めたのです。

親を驚かせ、周りからも止められた佐渡でのアナウンサー生活でした。
でも、この経験が間違いなく私の原点です。

その後、愛媛朝日テレビ、名古屋テレビと大きな局にステップアップし、今、研修講師としての自分があるのは佐渡での経験があったからこそ。「佐渡でアナウンサーをする!」とあのときに迷いなく決断した自分を褒めたいです。

私がストーリーにこだわる理由

島のケーブルテレビで仕事をしながらのアナウンサー転職活動。
大変になるか、、と思いきや、実は3局目の受験ですぐに内定してしまいました。大学時代はあんなに苦労したのがうそのようです。
ご縁があったのは、愛媛朝日テレビ。愛媛にあるテレビ朝日系列の民放局です。
最終面接は6人ぐらいだったでしょうか。
ミス松山や大学のミスコンで優勝したという見た目華やかな女子たち、全く緊張していないという自信に満ち溢れた子たちがいました。
「ああ、この中で私はとても普通だし。いや、むしろ目立たないな」と試験が始まる前からすでに落ち込んでいました。
そしていよいよ最終面接。
私一人に対し、社長や重役などずらりと10人は並んでいました。
「佐渡からいつ来たの」などある一人の方からのみ、質問がされていきます。
他の9人の皆さんはというと、書類に目を通しているばかりで全員が下を向いています。
どんなに一生懸命質問に答えても、私の顔を見てくれません。悲しかったです。
でも、驚きの瞬間がきました。
質問者の方はこう聞いてくれました。「もうすでに、アナウンサーの仕事をしているのだけど、どうして今回うちの局を受けてくれたのかな?」

「はい」
私はゆっくりと話し始めました。

「私は今、朱鷺を取材しているのですが、」
それを聞いた下を向いていた重役の皆さんが一斉にバッと顔を上げました。そして私の顔をじっと見てくれたのです。驚きつつも、私はつづけました。
「私は今、朱鷺の取材をしています。中国からやってきた2羽の朱鷺の存在は日本と中国の懸け橋になるという意味からも、今、島には全国からメディアがやってきて取材しています。
大きい局のアナウンサーは「今、朱鷺は羽を広げました。ご覧いただけましたか?」など生中継で朱鷺の様子を伝えていますが、私にはできません。
私がいる局では、中継をする人材と設備が整ってないんです。私は録画放送ではなく、ライブ、生でニュースや情報をお伝えしたいんです。」私はただただ、本当に思っていることを伝えました。重役の皆さんはしっかりと私の顔を見ながら、前のめりになって話を聞いてくれました。話をしながら、「あ、私、内定したわ・・」と確信を持ちました。

自分のストーリーを語り、私は競争倍率1000倍以上と言われるアナウンサー試験を突破することができました。そして指導者としても、ストーリーを語る手法で内定率7割近くという高確率でアナウンサー志望者さんを内定させてきました。

そんな私はアナウンサー時代からストーリーにこだわっていました。アナウンサーはテレビでニュース原稿を読む仕事以外に、インタビューの仕事が多いです。
インタビューとは?芸能人から企業の経営者、地域を盛り上げようと頑張る人たちなどに思いを聞く仕事です。多種多様な人たちの心をつかみ、本音を引き出さなければなりません。
それも、理路整然とした説明ではない。
心にグッとくる、共感する話を引き出したい!そのためには、何度となく質問を変えたり。インタビューが始まる前から、話がしやすい雰囲気づくりを綿密にしていました。

「息子の姿は見えなくても、私には感じるんです。球場にくれば、暑さの中にも時折さわさわとそよぐ風や、熱のこもった応援の声から、私は息子を感じることができるんです」

高校野球のスタンドリポートで、選手の息子さんを応援に来た盲目のお母さまへのインタビュー。短い言葉の中に、息子さんへの愛情がたっぷりと込められたストーリーが感じられます。

照りつける陽ざしを浴びながらも、ニッコリとほほ笑んだ表情でこの言葉を引き出すことができたときは「やったー!」と心の中でガッツポーズをとりました。
「いいインタビューが取れたな!」上司のお褒めの言葉と共に、視聴者の方からもグッときましたなど反響がありました。

ストーリーにはたった1社、たった1人に選ばれる力があります。

ストーリーには、多様性を活かしたコミュニケーションの力があります。

ストーリーには共感され、人を巻き込む力があります。

そんなストーリーの力をもっと広く知っていただきたいと株式会社STORYを設立させていただきました。

AI時代の到来。ヒトの仕事はAIに代替されはじめています。

これからはヒトの強みを生かした個々の能力の向上とコミュニケーションの取り方が重要です。ヒトの強みを生かした伝え方・コミュニケーションの方法、それが弊社独自の「共感ストーリーメソッド」なのです。

共感で心をつかむプレゼンテーションやヒトの温かさを感じる上司部下の円滑なコミュニケーションで、笑顔がいっぱいの会社づくりに貢献します。

企業理念

「企業や個々が持っている輝くストーリーを引き出し、
輝く未来を切り拓く」

会社概要

社名
株式会社 STORY
代表取締役
松下公子
所在地
〒450-0002名古屋市中村区名駅 3-24-8三立ビル 3 階
TEL
052-485-6303(受付時間:平日 9:00〜18:00/土日祝は休業)
Email
info@story-office.com
取引銀行
  • 三菱UFJ銀行 名古屋駅前支店
  • ゆうちょ銀行 名古屋中央店
事業内容
  1. 1. 人材育成に関する研修事業
  2. 2. 人材育成に関する指導、助言及び教育事業
  3. 3. 人材育成に関する講師の派遣及び紹介
  4. 4. 人材育成に関する教材の企画・制作及び販売
  5. 5. 前各号に付帯関連する一切の事業